POTTERINGFUN ~自転車のある風景~

ブログ・首都圏折りたたみ自転車小さな旅

日めくりカレンダー

星が見える名言集100

RSSフィード

ブログ内検索

掲示板

Photo&Data BBS

姉妹ブログ

ポタリング日記

リンク

このブログをリンクに追加する

四季の花時計

CalendArchive

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きみお&こなつ

  • Author:きみお&こなつ
  • 折りたたみ自転車で風が吹くまま気が向くまま自由でのんびりポタリングライフを満喫。写真を中心に過去のポタリングの様子を紹介していきたいと思っています。メインサイトの「首都圏・折りたたみ自転車小さな旅」と同様、よろしくお願いします。
    目指すはblog毎日更新!

tenki.jp

BlogRoll

Blog People

カテゴリー

最近の記事

3 counter

BLUE TICK

空に近い風景

2012/10/06(土) 21:19:08

P121006a.jpg
標高1300mを超える野辺山高原。いつ訪れても空がとても近く感じられます。
空に浮かぶ白い雲も少し手を伸ばせば届きそうな雰囲気。
10月に入り、そろそろ紅葉の便りも聞かれそうな野辺山高原の秋です。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

コスモスと高原野菜畑

2012/10/05(金) 22:40:12

P121005.jpg
夏でも涼しい野辺山高原。秋を代表するコスモスの花も平地より早く8月下旬には花を咲かせます。
高原野菜畑の広がる農道を散策すると、あちこちでコスモスなど秋を象徴する花々が見られます。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

八ヶ岳グレイスホテル

2012/10/04(木) 21:10:43

P121004a.jpg
標高1375メートルの日本鉄道最高地点に隣接した場所にある八ヶ岳グレイスホテル。
貴宝石を入れた大浴場があり、日帰り入浴(大人600円)が可能です。
滝沢牧場でキャンプしていた私たちは、こちらの日帰り入浴を利用しました。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

八ヶ岳へ続く道

2012/10/03(水) 21:15:37

P121003.jpg
4日間滞在した野辺山でしたが、八ヶ岳の上は入道雲に覆われ一日もその全容を見ることができませんでした。
この辺の畑にも鹿よけの電流柵が張り巡らされている光景をあちこちで見られました。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

朝の収穫作業

2012/10/02(火) 21:32:52

P121002.jpg
野辺山高原の農家の人たちの朝は早く日の出とともに高原野菜の収穫に多忙です。
太陽が高く上がる前の瑞々しい野菜をいち早く収穫するのも鮮度を保つために必要なんでしょう。
色とりどりのトラクターが畑や農道を行きかう姿を目にします。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

牧草ロールと入道雲

2012/10/01(月) 20:50:11

P121001.jpg
国道141号から滝沢牧場へ向かう途中の牧草地。
目の前には雄大な八ヶ岳の風景が見られる場所ですが、入道雲に覆われその姿は見られません。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

銀河公園

2012/09/30(日) 20:36:12

P120930a.jpg

P120930b.jpg
野辺山駅の前にある銀河公園。
野辺山には国立天文台野辺山宇宙電波観測所があることから、銀河公園と名付けられたようです。
銀河公園には小海線で昭和47年頃まで走っていた蒸気機関車ののC56が保存展示されています。
C56は高原のポニーという愛称があり、高原を走る蒸気機関車として多くのSLファンに愛されました。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

初秋の風景

2012/09/27(木) 21:17:28

P120927.jpg
お盆を過ぎると一気に秋めく高原の晩夏。
初秋を感じる植物といえばススキ。それから、昆虫といえばトンボ。
下界ではまだまだ暑い8月下旬にはススキの穂やトンボが見られる野辺山高原の初秋です。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

小海線の湯川橋梁

2012/09/26(水) 22:33:19

P120926.jpg
八ヶ岳の麓から高低差400mの坂道を下るとJR小海線の湯川橋梁近くに着きました。
列車の運行状況を調べると20分後に列車が通過することが分かり、しばらくこの場所で待機。
予定より3分ほど遅れて2両編成の列車が通過、良い感じで写真を撮影できました。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0

森林地帯を駆け下りて

2012/09/25(火) 22:14:14

P120925.jpg
八ヶ岳の麓に広がる鬱蒼とした森林地帯を一気に駆け下りるダウンヒル。
じっくりじっくりと標高1400m近くまで上がってきた高原から海抜1000m近くまで標高差400mを駆け下ります。
木々に囲まれた森林地帯なので視界が利かず景色は良くありませんが、風を切って下る気分は爽快そのものです。
信州記事全文トラックバック数:0コメント数:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 POTTERINGFUN ~自転車のある風景~ All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.